ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< No.7051 セットインカーディガン  | main | No.5022 シューズ入れ(裏付き) 作り方手順 >>
No.5021 レッスンバッグ 作り方手順
0

     

     No.5021 レッスンバッグ 作り方手順 

     

    内ポケット口以外縫い代1cm

     

    <下準備>

    ・共布の場合、持ち手テープとループをつくる(市販テープ可)

    ・切替えは 接ぎ合わせておく

     

    <作り方手順>

    1. 表布ー持ち手テープとループを仮止め
    2. 表布ー両端を縫う 縫い代1cm
    3. 裏布ー内ポケット口を1.5cm幅三つ折り始末 縫い代3cm
    4. 裏布ー内ポケットを裏布にコバステッチでたたきつける
    5. 裏布ー返し口を残して、両端を縫う
    6. 裏布ー袋口を縫い合わせる
    7. 返し口から表に返す
    8. 袋口を0.3cm幅ステッチと2cm幅ステッチで押さえる
    9. 返し口を閉じる

     

     


     

    下準備・共布の場合、持ち手テープとループをつくる(市販テープ可)

     


    細いループは折り紙のように両側を中心に折り込み

    折り込んだ方を先にコバステッチで縫うと 縫いやすいです

    アイロンすると より縫いやすくなります


     

     

     

     

     

     

     

     

    <Point!>

    ・ずれないように生地に針を刺してから生地を撫でて整える

    ・地の目をしっかり通す

    ・返し縫いなしでOK
    ・一度に縫うのが難しい時は、アイロンで四つ折りに整えてから縫ってください。

     

     


     

    表側

     

    1.持ち手テープとループを仮止め

     


    持ち手テープとループを 本体にミシンで止めつけておきます

    まち針でとめるよりもズレにくく 縫いやすくなります


     

     

    型紙の位置に 持ち手とループを 端から5mmほどのところを一度ミシンで縫っておきます。

    そうすると ズレずに裏布と縫い合わせることができます。

     

    <Point!>

     

    ・一度完成形に持ち手とループを置いてから裏返して縫うと失敗が少なくなります。

    ・普通はまち針で直接止めますが 厚みでずれやすいため、動画のように 幅位置をピンで印してその間にテープを置いて止めると ずれが少なくなります。

     


     

    表側

    2.両端を縫う 縫い代1cm

     


    本体布を裏側が見えるように 底を中心に半分に折ります(洋裁用語で中表と言います)

    両端を端から端まで 1cmで縫います(最初と最後は返し縫い)

    縫い代はアイロンで割ります


     

     

     

     

     

     

     

     


     

    裏側

    3.内ポケット口を1.5cm幅三つ折り始末

     


    内ポケットを縫います

    ポケット口を 裏側へ端から1.5cm 1.5cmと2回折って 端をミシンで縫います

    ポケット口が完成します

    残り3方を 端から1cmをアイロンで裏側へ折ります

     


     

     

     

    ポケット布の長い方1辺を 裏側へ三つ折り始末する。

    最初と最後は返し縫い。

     

    <Point!>

     

    縫い代3cmなので 端から1.5cm,1.5cmと同じ幅を2回折れば簡単に三つ折りができます。

     


     

    4.内ポケットを裏布にコバステッチでたたきつける

     


    アイロンで折った3方を 本体裏布のポケット位置に ミシンで縫います

    ポケットの位置はチャコペンなどで印をします

    最初と最後は返し縫いをします


     

     

     

     

     

    最初と最後は返し縫い。

     

    <Point!>

    ・端でステッチの幅が合わないときは、ブーリーを回しながら針位置を微調整してください。 

    ・マチ針は 縫う方向に刺すと 手に当たりにくくなります。

    ・ポケットの廻りはロック始末しないことが多いですが、お好みでロック始末してください。

     

     


     

    5.裏布ー返し口を残して、両端を縫う

     


    表布を引き出すため片方の脇を型紙の返し口位置(緑の印)を縫い残して 袋口以外の3方を1cmで縫います

    縫い代は内側に隠れるので ロック始末は不要です

    返し口の位置は少々ずれても大丈夫です 15僂曚匹△譴弌,劼辰り返すことができます

     

     

     


     

    表と裏を合体させる

    6.袋口を縫い合わせる

    7.返し口から表に返す

     


    表布と裏布を合体させます

    ”裏返した表布”に ”表向きの裏布”を入れます

    袋口を1cmで縫います

    裏布の返し口から バッグ全体をひっくり返します

    全部をひっくり返してから 表の底の角をきれいに整えます


     

    裏返した裏布を表布の中に入れる。

    袋口を1cm幅で縫う。

    最初と最後は返し縫い。

     

    返し口から 表にひっくり返す。

     



    8.袋口を0.3cm幅ステッチと2cm幅ステッチで押さえる

     


    袋口がぷかぷかならないように ステッチで押さえます

    表裏どちらから縫っても大丈夫ですが 表側から縫った方がきれいに仕上がるので 

    表布が内側になるように カバンをひっくり返します

    袋口の端から0.3cmで 表布と裏布を一緒にぐるっと一周縫います(縫い始めは両端のどちらかから始めます)

    もう一本 表布と裏布を一緒に 生地端から2cmのところをぐるっと一周縫います(縫い始めは一本目と同じ位置から)




     

     

    <Point!>

    ・縫い始めは 脇の目立たないところから始めましょう。

    ・裏布が表から見えないように ひかえながら 0.3cm幅のステッチは 裏布側から縫います。

     


     

    9.返し口を閉じる

     


     

     

     

     裏布の返し口が開いたままになっていますので

    手まつりで縫います

    手まつりの方がきれいに仕上がりますが ミシンを使う方法もあります

    縫い代を内側へ折り込んで コバステッチで縫います

    ステッチが見えるので お好みで お選びください


     

     

     

     

    | 型紙品番別 | 11:18 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする